AFC – 第8回ITSフットサル大会予選 2次リーグ

11月26日(土)に開催された予選2次リーグですが 、1次リーグに参加したメンバーから4人が参加出来ず、代わりに沢田さんが参加となったものの、総勢6名という苦しい状況。 このピンチにアルテアのリーサルウェポン出川さんが参戦を決意。 7名で予選2次リーグを戦うことになりました。

お揃いのアルテアフリースで参戦

お揃いのアルテアフリースで参戦

今回の試合会場は多摩センター。ここはビルの8階にある室内コートです。 2次リーグは4チームもしくは5チームの総当たり戦で戦うのですが、AFCは4チームのリーグに。 試合数が少ないため、人数の少ないAFCにとっては有利な状況です。

第1試合

早速、沢田さんがやらかしてくれます。

通常、キックオフは前に蹴らないといけないのですが、後ろに蹴り出してしまいます。 まぁ、ここまではよくあるミスなので、もう一度やり直しとなったのですが、テンパッてしまった沢田さんは、今度はいきなり相手にパス。 本来はこれでキックオフは成立なので、そのまま相手ボールでスタートするところなのですが、そんなの沢田さんを相手も気の毒に思ったのか、もう一度やり直しさせてくれました。

と、そんな不安な立ち上がりでしたが、試合が始まるといつものように高橋さんが積極的に攻撃を仕掛けます。 すると、相手の連携ミスからボールを奪った原田がゴールに流し込み先制。 これで2-0となり、松山さんもシュートを放つなど、押し気味にゲームを進めます。ただ、その後は追加点を奪えず、そのまま後半へ。

後半開始早々、カウンターからゴールを決められ2-1とされてしまいますが 、ゴールキーパーの植木さんも体を張ってゴールを守り、追加点を許しません。 このまま逃げ切り、なんとか初戦を白星で飾りました。

2016afc_IMG_5745.jpg

第2試合

このチームは第1試合で敗れてはいるものの、1次リーグで24得点を挙げて勝ち上がってきたチームです。 相手の攻撃を警戒しつつ、徐々にAFCペースに持っていくと、前半2分、味方との連携から原田がゴールを決め、2-0とします。 しかし、相手も反撃。右サイドの角度のないところから、キーパーの頭上を抜くシュートを決められ2-1。 前半はこのままAFC1点リードで折り返します。

そして迎えた後半、なんとか逃げ切りを図りたいAFCですが、自陣ゴール付近の混戦から高橋さんがドリブルで抜け出そうしてコントロールを誤り、あろうことか相手の女性選手に渡してしまう痛恨のミスでゴールを奪われてしまいます。 これで2-3となり、逆転を許してしまうと、反撃も及ばず黒星を喫してしまいます。

2016afc_IMG_0808.jpg

第3試合

対戦相手はここまで2連勝のチームですが、この試合に勝てば予選突破の可能性も残されています。 しかし、前半開始早々、原田が相手選手と接触して倒れたところに 相手の膝が後頭部に入るアクシデントが発生。そのまま交代となります。 そんな混乱の中、この試合でゴールキーパーに入った江崎さんが、持ち前の反射神経で相手の猛攻を何度か防ぎますが 、耐え切れず、ついに1点を失ってしまいます。 その後、高橋さんが相手の悪質なタックルを受けるなど、試合はピリピリムード。 一番気性の荒そうな出川さんが、逆にみんなを宥めます。

この試合、引き分けても予選突破が決まる相手チームは、無理して攻め込まず、後半に入っても膠着状態が続きます。 敗戦ムードが漂う中、これまで誰にも左利きだと気づかせないように温存していた沢田さんの左足が火を噴きます。 右サイドのコーナーキックから放ったシュートは、相手ゴールキーパーの手をはじき、直接ゴールに吸い込まれます。 キックオフのへなちょこぶりを払拭する沢田さんのゴールで1-1の同点! さらに勢いに乗るAFCは、高橋さんが左サイドをドリブルで突破しゴール! と思いきや、これはタッチラインを割っていたとの判定でゴールは認められず、このままタイムアップ。

結局、1勝1敗1分けでこのリーグ2位となり、予選突破はなりませんでした。ですが、今年は新メンバーも加わり、1次リーグを突破出来たのは大きな収穫でした。 来年は予選突破出来るよう、今年以上に活動の場を広げて行く予定です。2016afc_IMG_5749.jpg

※名前はすべて仮名です。

0 0 votes
Article Rating

カテゴリー: アルテア課外活動

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments