連載:3Dデザインあれこれ第6回【3Dプリンティングのためのデータ作成方法】

アルテアの金です。

今回は3Dプリンティング用のデータを作成する方法をご紹介します。3DプリントするにはSTLデータが必要です。solidThinking Evolve(現Altair Inspire Studio)には、STLデータのエクスポートだけでなく、造形時の積層ピッチに合わせられるコマンドがあります!

今回ご紹介する操作は動画でもご覧いただけます。

まずは以下のリンクからサンプルデータをダウンロードしてください。トポロジー最適化を行ってリモデルした、自動車のサスペンションアームのモデルデータです。
https://cdn2.hubspot.net/hubfs/47251/2018_Japan/Blog/Kim/3dprintData0614.evo
ダウンロード後、コマンド履歴のプロパティから、モデルデータの詳細を確認してください。

20180614_3dprintData01

次にモデルデータをインポートします。
Evolveでインポートまたはエクスポート可能な形式は以下の通りです。

  インポート エクスポート
中間フォーマット
IGES
STEP
Parasolid
ACIS
JT  
VDA
CATIA V4/V5/V6  
ProE/Creo  
ハイエンドCAD
ミドルレンジCAD
UG/NX  
I-DEAS  
SolidWorks  
Inventor  
他CAD Rhinoceros
3DStudio(.3ds)
DXF/DWG
ポリゴンなど
Point cloud  
STL
.OBJ
2D+α Adboe Illustrator (ver.8)  
SVG
PDF  
レンダー Keyshot(.bip)  
Maya SCII(.ma)  
Mawell Render (.mxs)
解析アニメーション H3D  
develop用 ModelDump(.stdmp)  

モデルの準備ができたら「NURBSからポリメッシュ」というコマンドを実行し、プリントしたいオブジェクトを選択します。 

プロパティでアドバンスドテッセレーションを選択し、ポリゴン寸法の最大値に任意の数字を入力します。
20180614_3dprintData04

テッセレーションをかけたモデルを選択し、ファイルメニューの「選択したものを保存」で拡張子をSTLに設定し、保存します。使用する3Dプリンターの積層ピッチなどに合わせ、適切な条件で3Dプリントしましょう!

★おまけ★
インポートしたモデルに、Adobe Illustratorで作成したロゴを刻印できます。バージョンを「Illustrator 8」に設定して.aiファイルを保存し、Evolveでインポートします。インポートしたカーブに「フィルパス」で面を貼り、適当な位置に移動して「押し出し」、サスペンションアームと「ブーリアン結合」を行います。

20180614_3dprintData03

YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!

0 0 vote
Article Rating

カテゴリー: 3Dデザイン あれこれ

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments