ついに登場!夢の秒速構造解析

夢の秒速構造解析ツールがついに登場
90秒で74パーツのスチールジョイントを解析

*本投稿は、Senior Director, Global AECを務めるLuca FrattariLinkedInで執筆した記事を翻訳したものです。

2020年になったというのに、私たちは未だに設計変更と解析の間を何度も行き来する過ちを犯す罪深い人間のままです。

数値解析に必要な設定作業を削減し計算時間も短縮するため、長年にわたり複雑な構造を 簡略化する手法を開発し、我々はそのエキスパートと自負していますが、未だに時間を要する難題が2つあります。メッシングと計算です。

現状、「どこまで厳密にするか」と「どこまで許容できるか」とのバランスを考慮しつつ、完璧なCADを目指していますが、計算に時間がかかり過ぎるため、結局モデルを 簡略化することを余儀なくされています。確かに、今まではこの方法でなんとかやって来られたのですが、私たちは高いお金を払って、何時間もジオメトリを修正したり、万が一のリスクに備え、納期に間に合わせるため四苦八苦し、時には損害賠償を支払うことも考えて解析作業を行っているのです。

それでも、毎日、あるいは一日に何度も設計変更が行われるとこの計画も狂ってしまいます。実際、同じCADモデルに対して1日に5回も設計変更&解析を繰り返し行っている企業がありました。

確かに、 パラメトリックに変更できるモデルもあるにはありますが、実際のところほとんど使い物になりません。非常に細かいCADモデルを作ると、数百万個のメッシュ要素を投入して、数値シミュレーションが終わるのを辛抱強く待つ必要があります。面倒くさいどころではありません。

あー、美しい詳細CADモデルをそのまま夢の機械に入れたら、秒速で構造解析してくれればいいのに!メッシュ作成も簡略化もしたくない!

すぐに結果が欲しいのに、どうして何時間も、何日も待たないといけないんだ!

設計変更、ジオメトリ修正、時間のかかる解析の無限サイクルから抜け出す方法があるとしたらどうでしょう?非線形性と信頼できる結果の悩みが解消できるとしたらどうでしょう?

信じられないかもしれませんが、今はもうあるのです。そのソリューションがAltair SimSolid。この革新的な技術で、製品設計を大きく変えられることがもう証明されています。信じられませんか?子供だまし、あるいはブラックボックスのようだと思いますか?それでもいいでしょう。NAFEMSがSimSolidで行った検証結果をご覧になれば、これこそ、求めていたものだと分かります。

0 0 vote
Article Rating

カテゴリー: Innovation Intelligence Global

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments