PCBの設計・製造を効率的に

PCBの設計製造を効率的に

*本記事は、米国本社のブログの投稿文を翻訳したものです。

デジタル化が進み、コネクテッドな社会が実現されつつある中、電子設計自動化(EDA)ツール市場は順調に成長しています。その市場は、2019年に68億1,000万ドルと評価され、2025年には102億3,000万ドルに達すると予想されています。その年間成長率は7.8%。EDAは、半導体とプリント基板(PCB)の設計・開発プロセスに不可欠な要素です。PCB市場全体を見ると、2024年までに897億ドルに達すると予想されています。これは、家電や、モノのインターネット(IoT)、自動車などの主要産業からの需要が高く、PCBが主要な役割を担っているからです。

今日のPCBの傾向と課題

過去15〜20年間でPCBの実装密度は劇的に上がっています。しかし、変化しているのは密度だけではありません。PCBシステムはますます小さくなり、5Gのように速度と周波数が増加しています(このことは、データ量が増えるだけでなく、干渉や損失も増えることを意味します)。電圧は、電気自動車において48ボルトから数百ボルトに増えています。この業界では、標準化や、RoHS指令に対応した”グリーン”PCB、グローバル化、サプライチェーン管理も成長しています。

このように複雑になってくると、PCBの設計・製造には、様々な専門分野からのエキスパートが関わることになります。80年代には異なる3部門間程度の連携で十分でしたが、今日では10チーム以上が開発に関わります。このように複数のチームに属する多くのエンジニアが連携し、効率的にPCBを開発するにはどうすればいいでしょうか?また、多くのシークエンスが必要な設計フローを考えてみてください。各フローに複数のプロセスが存在し、プロセスごとにソフトウェアやライブラリが異なっていたら!ご想像のとおり、これらのプロセスの拡張性と効率は、コスト効率と製品の迅速な市場投入を競い合う企業にとって大きな課題です。

PCB設計の複雑さの進化 PCB設計の複雑さの進化

PCB設計の複雑さの進化(左から右)

開発と製造のコストを削減しながら、市場に迅速に参入するには?

設計と製造のサプライチェーンも考慮して、 設計と製造の繰り返し回数を減らすようなソリューションを持つことが重要です。そして幸いなことに、ここで当社の包括的EDAソリューション、Altair PollEx™が役立ちます。

Altair PollExは、SamsungやLGなどの多くの世界的な業界リーダーに使われている、信頼できるソリューションです。

  • 主要なECADシステムからのPCB設計を簡単かつ迅速に視覚化、評価、比較し、安全に共有します
  • 設計プロセスの早い段階で製造性、アセンブリ、電気的欠陥及び障害を検出し、コストを大幅に節約します。

Altair PollExを採用して、年間600万ドルを節約している実績もあります。改訂チェックの回数を3回、設計反復を9回減らした実例もあります。Altair PollExで、設計を迅速かつ安全に共有することができるからです。

設計・製造プロセスでAltair PollExを活用してみたいと思った方は、ぜひ、電子業界をリードする組織と一緒に、戦略的にスケーラビリティと効率を高めましょう。まずは3月25日(水)に開催する無料ウェビナーにご参加ください!

0 0 vote
Article Rating

カテゴリー: Innovation Intelligence Global

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments