半導体設計に最適なスケジューラはどれか?

ジョブスケジューラの選択の重要性

365日24時間、高価なEDAライセンスとハードウェアをフル活用するために、どのジョブスケジューラを採用するかは重要な選択となります。ジョブスケジューラ自体の価格は高くありませんが、その効果はレバレッジが効いて、納期や競争力といったビジネス課題に大きな影響を与えます。

アルテアの3つの製品

アルテアは3つのジョブスケジューラ製品を提供しています。一つは、PBS Professional(PBS)、二つ目はAccelerator*、三つ目はAltair Grid Engine(AGE)です。これら3つのスケジューラはどのような点で異なり、半導体設計ではどのジョブスケジューラを選択するのがよいでしょうか。

※アルテアが買収される前はNetworkComputerと言われていたため、EDAベンダーでは今でも「NC」と言われていることがある。

半導体設計ならAcceleratorを推奨

結論から言うと半導体設計では、Accelerator*を最もお勧めします。Acceleratorは、シリコンバレーで開発され、様々なElectronic Design Automation(EDA)ツールと連携し、ジョブスケジューラの機能だけではなく、最速でジョブ割当てを制御する仕組みがパッケージになっています。

日本の半導体設計では、PBSやAGEも採用されています。しかしながら、EDAライセンスを効率的に使用する仕組みを自作し、メンテナンスし、継承していくことは、高度な技術と経験が必要となる根気のいる作業です。

その点、Acceleratorはインストールと同時に、20年以上シリコンバレーで磨きをかけてきたEDAライセンス制御の仕組みがすぐに使えます。その最適なパッケージをベースとして、自社の運用に合わせて、チューニング、カスタマイズすれば、最先端のジョブ管理が短期間の立上げで可能となります。

次回以降、どのような仕組みで効果を上げるのか、Acceleratorの詳細について解説します。

0 0 votes
Article Rating

カテゴリー: 製品情報

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments