一般的なスケジューラと半導体専用スケジューラの違い

半導体の設計では、Electronic Design Automation(EDA)の計算を行います。数千のジョブを一度に流したり、一つのジョブの中で複数のフィーチャーを使用しながら計算したりするなど、EDAライセンスの割当ては複雑です。高スループットを達成するためには、限られたライセンスを、いかに効率よく割当て、高速にジョブを実行させるかが、鍵となります。

Acceleratorは、「ライセンス・ファースト・スケジューリング」の思想の基に設計されています。これは、EDAライセンスを効率的に使用することを最優先とする思想です。そして、この思想をあらゆる場面で具現化して、Acceleratorは開発されています。

Acceleratorはライセンス制御のついたパッケージ製品

一般的なスケジューラでは、EDAライセンスの制御をユーザ自身で作りこまなくてはなりません。その作業では、チューニング、メンテナンスや継承に、膨大なコストと時間がかかります。

いっぽうAcceleratorは、シリコンバレーで磨きのかかった最先端の制御システムを、インストールすれば直ぐに使えるようになります。

どちらのスケジューラがより速く仕事をこなすか?

既存のスケジューラに比べてAcceleratorは10倍速い(顧客の声)

このシステムの利点を自動車レースに例えると、一般的なスケジューラを使うことは、自分で普通の乗用車を運転してレースに参加するようなものです。しかし、Acceleratorを使えば、F1のプロドライバーが高性能なF1カーを運転するようなもので、はるかに高いパフォーマンスが期待できます。

半導体専用スケジューラ

Acceleratorは半導体設計専用スケジューラとして開発されました。EDAライセンスの制御機能と一体となって、高スループットな半導体設計インフラが実現する仕組みとなっています。

なぜAcceleratorが高速にEDAライセンスを制御できるかは次回にご説明します。

0 0 votes
Article Rating

カテゴリー: 製品情報

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments